スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02 月と恋と珈琲と

月と恋と珈琲と
作詞:natsuzaki_aoi 作編曲:natsuzaki_aoi

欠けた月が躍る夜 孤独に 照らされた
僕の隣で静かに 微笑む

差し出してくれた珈琲の 銘柄(なまえ)も知らないけど
苦味がとても 甘くて

「力になるよ」と 肩に ふいに 触れたその
驚くほど 柔い 華奢な 君の
小さな指先に惹かれ始めて いたのかな

夢のかけらを探して 眠りへ落ちる 旅人
淡い想いの篝火に 手を引かれ
力任せに抱きしめた あなたの
最後の温もりだけ 熱を帯びたまま

月が満ちては欠けゆき あなたと 僕の距離
寄せては返して いつも傍にいる

隣を歩く横顔は 見慣れていた筈なのに
近くてとても 綺麗で

手を伸ばすだけで 傍で すぐに 触れられた
暖かくて 優しく 笑う 君の
瞳が震えていた事にさえ 気づけずに

甘い記憶に溺れて 眠り続ける 旅人
白く煙る視界さえ 閉じたまま
声音を震わせて泣く あなたの
最後の言葉だけが 思い出せなくて

か細い手で描く 傍の 君の 未来地図
背中合わせで見た 僕と 君の
目的地が違う事わかってた はずなのに

細い指も泣き顔も 忘れられない 苦味も
淡い記憶の甘さに 溶けてゆく
降りしきる雪景色に わたしの
足跡ひとつだけが 月に隠されて

君のかけらを抱きしめ いま目覚めゆく 旅人
瞳に咲く水の華を 掬い上げ
幕を下ろした物語 わたしの
最後の1ページだけ 埋まらないままで


----------------------------------------
はじめまして。
HIGH-SIDE SOUND 4つ打ち担当、natsuzaki_aoiと申します。

今回の「HIGH-SIDE STORIES」、曲順なども含めて
すべて代表のadanymousにお願いました。
eurobeat曲を2曲目に配置していただけるなんて
某サークルみたい とてもとても光栄です。

曲自体の雰囲気というか、方向性は
かなり早い段階で決めていたので
楽曲そのものはすぐに組みあがったのですが
歌詞が相当に難産でした。丸1ヶ月かかった気が。

ボーカロイドは「結月ゆかり」を採用。
一聴して声質を好きになり
いつかボカロを使うなら、と考えていました。
ベタ打ちでも丁寧に歌ってくれるとても良い子です。

鬼スケジュールでしたが初めてサークル側として
コミケに参加したCD、楽曲として
思い入れのある1枚、1曲になりました。
代表のadanymousや、_ktindahouse_にも感謝。

手前味噌ですが今回の「HIGH-SIDE STORIES」、
miocによる可愛らしい盤面も含めて
参加者各人のカラーがしっかり出たとても良い1枚です。

私のほうは今後もeurobeatを中心に様々な4つ打ち曲を
出せていければと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HSS

Author:HSS
音楽サークルのブログです。
歌詞、新譜情報、イベント情報などなど
随時更新予定です。
生暖かい目で見てやってください・・・

http://com.nicovideo.jp/community/co2637782

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Welcome
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。