スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04 ハイイロノユキ

ハイイロノユキ
作詞:nekokan 作編曲:adanymous

はじめから 決められてた 
この世界には弱さはいらない
勝つための非情さなら 歓迎される
生きる為に

歪んでる言葉の武器ならば
初めから与えられてた そう
傷つけて傷つけられ ほら繰り返す 暗い螺旋

たった一人選んだ
守られ守られぬよう 
全ては生まれ落ちた瞬間から
動き出した

最果てで笑う声
崩れて のみこまれた悲しみは
やがて 空に滲んで降り積もる
残された幼気(いたいけ)な光が
探し求める温もり どこまでも 
凍てつく世界 置き去りの夢


色褪せた世界の中 戦う僕らに
勇気を歌った 闇照らす力を手に
堕ちていく矛盾抱えたまま

混ざり合う善悪のライン
境界線塗りつぶしてゆく
答えずに嗤ってるのか
灰色に支配された世界

優しいあの人は誰かの愛しい人
それさえ奪い引き金を引くんだ
何度だって

名も無い運命(さだめ)抱いて
ひそかに灯し続ける 命の未来を
等しく最後に与えて
微かな叫び 燃え落ちてゆく
ひとときの輝きでも 幾千の
願いは遥かへと 届くから


誰かの喜びは誰かの悲しみと言う
汚れた世界で美しい華は咲くだろうか?


最果てで笑う声
いつかの のみこまれた悲しみは
僕の 空に滲んで降り積もる
残された幼気(いたいけ)な光が
探し求める温もり どこまでも 
凍てつく世界 壊して ねぇ

名も無い運命(さだめ)抱いて
誰もが知らない景色の場所で
眠ろうか 光と影に縛られて
掌に握って溶けてゆく 落ちた雪
僕らの世界 きっと
願いは遥かへと 届くから

-----------------------------------
この曲は一番最初に着手して、一番最後に完成した曲です。
歌詞は「厨二感」をキーワードにお願いしました。

歌手はIA。べた打ちでもがんばってくれます。




スポンサーサイト

03 neet song

neet song
作詞:_ktindahouse_ 作編曲:_ktindahouse_

昨日のことなら忘れるよ
明日のことなら忘れたよ
毎日あるから大丈夫
何にもしなくていいんだよ

時計はみないし
食事もろくにしない
テレビの中では
大人の人たちが
何かをしている

どこにいても
何をしても
ここからいつか消えるよ
だから今も眠る時は
君の世界を見てるよ
この景色を感じて欲しい

テレビを見ていて1日が
終わっていっても大丈夫

答えは見ないし
問題もわからない
それでも体は
いつまでも心の側を離れない

どこにいても
何をしても
宇宙の一部なんだよ
この世界の外側では
私のことを待ってると
思うのは自由じゃない

朝日も夕日も星空も
気になる時だけ見上げるよ

どこにいても
何をしても
いつか心が消えるよ
だから今を
生きることが
いつもの答えなんだよ
旅立ちは明日

----------------------------
歌手:IA
歌詞がとても好きです。
歌詞とオケをもらって、ボカロ流し込み・調声をやったのですが、
今回の4曲で最初に上がってきた曲だったのもあり、時間を掛けることができて良かったとすごく思います。
この歌詞を超えられなくて、自分の曲は別の人に作詞を投げちゃったという事情もあったり(笑)

-- adanymous

02 月と恋と珈琲と

月と恋と珈琲と
作詞:natsuzaki_aoi 作編曲:natsuzaki_aoi

欠けた月が躍る夜 孤独に 照らされた
僕の隣で静かに 微笑む

差し出してくれた珈琲の 銘柄(なまえ)も知らないけど
苦味がとても 甘くて

「力になるよ」と 肩に ふいに 触れたその
驚くほど 柔い 華奢な 君の
小さな指先に惹かれ始めて いたのかな

夢のかけらを探して 眠りへ落ちる 旅人
淡い想いの篝火に 手を引かれ
力任せに抱きしめた あなたの
最後の温もりだけ 熱を帯びたまま

月が満ちては欠けゆき あなたと 僕の距離
寄せては返して いつも傍にいる

隣を歩く横顔は 見慣れていた筈なのに
近くてとても 綺麗で

手を伸ばすだけで 傍で すぐに 触れられた
暖かくて 優しく 笑う 君の
瞳が震えていた事にさえ 気づけずに

甘い記憶に溺れて 眠り続ける 旅人
白く煙る視界さえ 閉じたまま
声音を震わせて泣く あなたの
最後の言葉だけが 思い出せなくて

か細い手で描く 傍の 君の 未来地図
背中合わせで見た 僕と 君の
目的地が違う事わかってた はずなのに

細い指も泣き顔も 忘れられない 苦味も
淡い記憶の甘さに 溶けてゆく
降りしきる雪景色に わたしの
足跡ひとつだけが 月に隠されて

君のかけらを抱きしめ いま目覚めゆく 旅人
瞳に咲く水の華を 掬い上げ
幕を下ろした物語 わたしの
最後の1ページだけ 埋まらないままで


----------------------------------------
はじめまして。
HIGH-SIDE SOUND 4つ打ち担当、natsuzaki_aoiと申します。

今回の「HIGH-SIDE STORIES」、曲順なども含めて
すべて代表のadanymousにお願いました。
eurobeat曲を2曲目に配置していただけるなんて
某サークルみたい とてもとても光栄です。

曲自体の雰囲気というか、方向性は
かなり早い段階で決めていたので
楽曲そのものはすぐに組みあがったのですが
歌詞が相当に難産でした。丸1ヶ月かかった気が。

ボーカロイドは「結月ゆかり」を採用。
一聴して声質を好きになり
いつかボカロを使うなら、と考えていました。
ベタ打ちでも丁寧に歌ってくれるとても良い子です。

鬼スケジュールでしたが初めてサークル側として
コミケに参加したCD、楽曲として
思い入れのある1枚、1曲になりました。
代表のadanymousや、_ktindahouse_にも感謝。

手前味噌ですが今回の「HIGH-SIDE STORIES」、
miocによる可愛らしい盤面も含めて
参加者各人のカラーがしっかり出たとても良い1枚です。

私のほうは今後もeurobeatを中心に様々な4つ打ち曲を
出せていければと思います。

01 キミに、届かない

キミに、届かない
作詞:Shun Arai 作編曲:adanymous

並ぶ音にあわせている
何も気持ちは無い 流れるだけ
いいの

画面のあちらで何かが動いてる
叶わないことだって ホントはね 知ってるんだ

だから今だけ 見ていてほしい
イチバンになりたい キミの

触れる手は温かくて 凍えそうな手を
優しくね 包むようだね
このままがいい
わたしのコトバ あなたの自由にしていいの
だからね 知ってる
まだ わたし言えない

スキと言える あのコが羨ましくて
睨んでしまいそうな 自分がキライだ

あぁもう逃げたい 見たくないことばかり
見えちゃうの だけど

キミの手が 奏でる歌 すごくスキなの
恋のうた 歌うわ
でも誰の為に?
わたしの声は あなたの自由にしていいの
それでもこの想い あなたに伝えられない

このままずっと 一緒にいられますように
信じている

恋のうた 歌いたい あなたの為に
あなたには 知ってほしい この想いを

きっとあなたは 誰かの為 奏でるんだ
あなたが笑顔なら わたしは 歌ウカラ

触れる手が温かくて もっと近くに 
行きたいよ この部屋から飛び出したい
本当の想いは また違うコトバに埋もれた
わたしはあなたのことが――

――スキなの


----------------------------------------
今回の「HIGH-SIDE STORIES」1曲目は
マイナーギターロック(?)です。
歌手はIA。
ボーカロイド視点の“届かない想いの歌”とのことです。
プロフィール

HSS

Author:HSS
音楽サークルのブログです。
歌詞、新譜情報、イベント情報などなど
随時更新予定です。
生暖かい目で見てやってください・・・

http://com.nicovideo.jp/community/co2637782

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Welcome
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。